今治・西条のフォトウェディング・前撮り特集

近年は結婚写真の撮影を行うフォトウェディング・前撮りを行うカップルが増えてきました。特にコロナ禍の昨今は、感染リスクを考慮し、結婚式を見送りフォトウェディングのみ行うカップルや、結婚式披露宴はコロナが落ち着くまで待つ事として、ひとまず前撮りを行うカップルが増えてます。愛媛県今治市や西条市のカップルがフォトウェディング・前撮りを検討する際に役に立つ情報をまとめました。


今治・西条でフォトウェディング・前撮りが人気の理由

「派手な結婚式・披露宴は恥ずかしい。でも、ウェディングドレスは着たいし家族にも見せたい。」

「結婚式披露宴は費用が掛かりすぎるので、なるべく抑えて新婚旅行や新生活にお金を使いたい。」

「おめでたで、結婚式披露宴を準備する期間がない。」

「再婚なので、大げさな結婚式披露宴はしたくない。」

「コロナ禍なので感染リスクを考え、フォトウェディング・前撮りをしたい」

などの声を聞きます。



フォトウェディングの5つの魅力

①婚礼の衣装が着れる・・・結婚式を行わない場合でも「ウェディングドレスや白無垢を着てみたい」という人は多いのではないでしょうか。フォトウェディングだと憧れの花嫁衣装が着る事ができます。また、ご家族にも披露でき一緒に写真も撮れ、かけがえのない記念となります。

②準備の手間が少ない・・・友人や仕事の関係者など多数を招待する結婚式・披露宴の場合は、ゲストのリストアップ、招待状の作成、席次表、衣装・ブーケの選定、映像の制作、料理・飲み物の選定、プログラムの考案、花など装飾、ウェルカムボードの制作、エステ・ネイルなど多岐に渡る準備を半年ほどの長期間をかけ結婚式場と複数回の打ち合わせを重ねて行います。対してフォトウェディングの場合は1か月~2か月前からの期間で打合せ1~2回と手間が格段に少なく実施できます。

③費用を抑えれる・・・結婚式披露宴に掛かる平均費用325万円に対し、フォトウェディング・前撮りの場合は15万円~30万円程度と大幅に安く実施できます。

④好きなロケーションで撮影ができる・・・海のようなウェディングドレスが映える野外ロケーション、また思い出の場所など二人の希望に沿い撮影する事ができます。

⑤コロナの感染リスクを低減できる・・・フォトウェディングや前撮りは、お二人のみで実施する事ができますので、結婚式披露宴のような参列者の感染リスクを心配せずに実施できます。



フォトウェディングと前撮りの違いは?

【フォトウェディング】
結婚式を行わず婚礼衣装をまとい写真撮影のみ行う形式です。ウェディングドレス&タキシードの洋装、白無垢or色打掛&紋付袴の和装を選択し(または両方で撮影)、野外の好きなロケーションやスタジオで撮影。

【前撮り】
結婚式は別日で開催。結婚式をウェディングドレス&タキシードの洋装で行うカップルは和装で。結婚式を白無垢or色打掛&紋付袴の和装で行うカップルは洋装で、野外の好きなロケーションやスタジオで撮影されるパターンが多いです。

なので、違いは結婚式を行うかどうかで撮影事態に違いはありません。



今治・西条のおすすめロケーション


亀老山展望公園

日本の展望台ランキング2位(1位は清水寺)に選ばれ、しまなみ海道の象徴的なロケーション。映画ポスターのようなムードのある写真が撮れます。

亀老山展望台公園2
亀老山展望台公園3


今治城

日本三大水城の美しいお城。今治で和装を撮るならここでしょう。

今治城 前撮り1
今治城 前撮り2


来島海峡大橋の登頂

来島海峡大橋は今治と大島を結ぶ全長4015mの3連吊橋の登頂にて。

画像4

今治フォトウェディング。来島海峡大橋の登頂にてのフォトウェディングVTR

来島海峡大橋の登頂と橋げたでのフォトウェディングのメーキングVTRです。 しまなみ婚HP https://shimanamikon.com/


多々羅しまなみ公園

しまなみ海道で一番美しい橋。サイクリスト碑や幸せの鐘との撮影はいかでしょうか?

サイクリスト碑
幸せの鐘


ドルフィンファームしまなみ

実際にイルカに触れ合える日本最大級の体験施設
※ドルフィンファームしまなみのWEBサイトはこちら


耕三寺・未来心の丘

広さ5,000平方メートルの白い大理石の庭園。世界な彫刻家の杭谷一東氏がイタリアより輸送した大理石で”家族愛”をテーマに制作したモニュメント群は圧巻で、瀬戸内でウェディングドレスが最も映えるロケーションではないでしょうか。



フォトウェディング・前撮りを行ったカップルの声


量也&果歩 2021秋@ドルフィンファーム&亀老山展望公園

Q.しまなみ婚を選んだ理由

A.ホームページを見たときに、新郎新婦さんがとても楽しそうに自転車を漕いでいる写真を見て、しまなみでこんな面白そうな写真がとれるんだと思いました。どの写真もしまなみらしさを感じられて、かつとても楽しそうだったのでしまなみ婚でお世話になろうと考えました。大山祇神社で挙式もできるという内容だったので、大変理想的でした。


Q.ウェディングフォト撮影は、いかがでしたか?

A.終始楽しくて、あっという間に夕方になっていました。大三島を出て、伯方島から大島へと転々としていく行程だったので、スケジュール的にも大忙しだったにも関わらず、どこのロケ地でも和気あいあいとした雰囲気で楽しく撮影ができたと思います。
ドルフィンファームではイルカと触れ合うことができ、1日に2回しか飛べないというルールのもとで、イルカのジャンプと一緒に写真が撮れました。
大山祇神社とドルフィンファームの両方で、わたしたちに遭遇したという方に、祝福の声をかけてもらったり嬉しかったです。


Q.感想など

A.・スタッフさんやカメラマンの方々が気さくで話がしやすく、すぐに打ち解けることができた。みなさんのあたたかい人柄がよかった。
・どのようにしたいのか要望をたくさん聞いてもらえ、すごいものにしようと努力して頂いた。
・撮影で使う小道具をある程度用意してもらえたのと、個人的に何かを持ち込んでも OK だった。
・撮影最後に着替え用のテントを用意してもらえた。
・オンライン以外に LINE でも親身に打ち合わせをしてもらえた。


KEN&NAMI 2019春@サンセットビーチ&多々羅しまなみ公園

Q.撮れた写真(や映像)を見た感想は?

A.写真のクオリティにとても感動しました☺️✨
特別な日ということもありますが、メイクさんの技術で素敵にドレスアップして頂き、プロデューサーさんの演出や的確なサポート、カメラマンさんのセンスが合わさって、想像以上の仕上がりになっていました😊非常にたくさんの写真データを見させて頂き、ひとつひとつのシーンを振り返ることが出来て何度も楽しめました🍀
また、動画撮影にもご協力頂き、より想い出を鮮明に残すことが出来たことでさらに感動を倍増させていると思います🌼一生に一度のことなので、無理を言ってお願いして良かったです🌟


Q.撮りたいと思っていたシーンはすべて撮れましたでしょうか?こういう写真も撮りたかったという心残りあればお教え頂けますでしょうか。

A.希望していたアイテム(自分達のロードバイク)を取り入れられて、イメージ通りのシーンを撮影出来たので、満足しています🚴‍♂️🚴‍♀️カメラマンさんからの流行りのシーンを提案して頂き、自分達では思いつかないような写真がたくさん撮影出来ました😊その日の状態、2人の雰囲気によって工夫してくださる感じが伝わり、特別な気分になりましたので心残りはありません☺️



少人数結婚式(家族婚・親族婚)もおすすめ

「派手な結婚式・披露宴は恥ずかしいので家族だけ親族だけで挙式したい」

「結婚式の費用は、なるべく抑え新婚旅行や新生活にお金を使いたい」

「自然体のカジュアルでアットホームな結婚式がしたい」

「おめでたで、なるべく早めに結婚式を挙げたい」

「コロナ禍なので感染リスクを考え、少ない人数で行わざる得ない」

などの理由で少人数結婚式を行うカップルも増えてます。今治・西条のおすすめ結婚式場は以下です。


大山祇神社

しまなみ海道の真ん中の大三島に鎮座し、山の神、海の神、戦いの神を祀り日本総鎮守と呼ばれ全国に一万社あまりの分社を持つ格式の高い神社。古くは源義経、村上水軍、初代総理大臣の伊藤博文、など数多の政治や軍事の歴史上の人物が参拝に訪れた。また、武具甲冑を奉納し武運長久を祈ったため、日本最古の平安中期の鎧をはじめ全国の国宝・重要文化財に指定を受けた武具類の8割が保存展示されている。

大山祇神社 結婚式
プロデュースプラン


海の結婚式場

瀬戸内のビーチにウェディングアーチを特設し、アウトドアウェディングを行うスタイルの結婚式。大自然でカジュアルで開放的な挙式をしたいカップルにおすすめ。

海の結婚式プラン



まとめ

近年、もともと増加傾向にあったフォトウェディングですが、コロナ禍により今治市や西条市でもブライダルの主流となりました。結婚式をしなくても華やかな衣装でのウェディングフォト撮影は二人にとって、かけがえのない記録と記憶となるでしょう。
 しまなみ婚は、確かな経験を持ったコーディネーターが新郎新婦とそのご家族をサポートします。無料の個別相談会を随時実施してますので、ぜひお気軽にご相談ください。