しまなみ海道コロナ禍の観光情報まとめ

しまなみ海道のサイクリングは、3密を避けられ開放的なコロナウィルスの感染リスクが低い観光です。ただし緊急事態宣言により休業している公的な施設がありますので、コロナ禍の観光情報をまとめます。


【緊急事態宣言により休業している施設】

公的なレンタサイクル・・・おそらく一番大きい影響は、レンタサイクルの休業でしょう。具体的には尾道港、尾道市民センターむかいしま、土生港、瀬戸田町観光案内所、瀬戸田サンセットビーチ、道の駅「多々羅しまなみ公園」、道の駅「しまなみの駅御島」、道の駅「伯方S・Cパーク」、宮窪レンタサイクルターミナル、道の駅「よしうみいきいき館」、サンライズ糸山、みなと交流センター、i.i.imabari! Cycle Stationのレンタサイクルは休業しています。レンタサイクルをしたい場合は民間のレンタサイクルをご利用ください。

千光寺山ロープウェイ・・・これも影響は大きいでしょう。千光寺公園には歩いて上がらなければなりません。
ただ、駐車場はオープンしていますので、車で千光寺公園に行くことは可能です。

おのみち映画資料館

因島水軍城

・公営のキャンプ場


【緊急事態宣言中もオープンしている施設】

耕三寺 未来心の丘

平山郁夫美術館

・亀老山展望台公園

・ドルフィンファームしまなみ


上記は、広島県に緊急事態宣言、愛媛県にまん延防止措置が発令されている2021年9月3日現在の情報です。状況によって、対応に変化があると思うので、詳しくは各施設にお問い合わせください。


PAGE TOP